TOPページ 協会のこと 新着情報 new 新月の木とは 会員のページ 伐採計画 理事長室便り サイトマップ
皆既日食 平尾恭子
後日談(2009.07.23追記)
------------------------------------
7/23 理事の岩越さんから右の画像が送られてきました。
大阪はどんよりとした厚い雲に覆われてただ薄暗くなっただけ。とても悲しい思いをしていましたが、この画像を拝見できて嬉しくなりました!

新月を捕らえる

岩越です。
日食を捕らえました。
これは池に浮かぶ日食です。
昨日ほとんど諦めていた日食でしたが、お邪魔していた家人が薄雲の間から日食が見れると飛び込んできたので大急ぎでカメラを取り出し外に出ました。しかし、直接太陽に向けては無理でした。
そうすると家人がまたもや池に映っていると言うので夢中でシャッターを切りました。
結果何枚かがご覧のようにくっきりと部分日食を捕らえることができました。他の人はどうしても焦点が池に生えている稲の方に行ってしまい、うまく撮ることができませんでしたが私は思いっきり望遠にしたらほんの一瞬焦点が合い見事に撮影に成功しました。
------------------------------------
2009年07月22日 新月ニュース発行日、即ち新月の日。

TVなどで騒がれているとおり、皆既日食という素晴らしい天体ショーのある日。

私の住む大阪では午前中の雨模様予報がでており、欠けた太陽を拝むことはなさそうで残念と思っていた矢先、一度は拝んでみたい金環食の話を理事長増田氏にお話しましたら・・・

なんと!
1987年09月23日に皆既日食の中でも特に珍しい金環食を見たことがあるとか。

「以前に文章にしたものがあるから送りましょう!」
と、メールでいただいたのがこれ!

クリック!大きくなります!


無数に輝く木漏れ日はすべて金の環・・・
なんて、ステキなんでしょう!
三日月でも三日月の陰を落とすというらしいのでぜひとも見てみたいもの!

しかし、この雨じゃねぇ〜・・・無情な雨予報に落胆している。

けれど、万に一つでも晴れると見れるかも〜・・・
な〜んて、思えば楽しいですよね!

新月を捕らえる










東京〜大阪の地域でも
7割以上
太陽は欠けるらしい


大阪での見え方



東京での見え方




ダイヤモンドリング
予想図


奄美(奄美大島)
欠け始め: 09:32
食最大: 10:54 (食分1.00)
食終了: 12:19



西之表(種子島)
欠け始め: 09:34
食最大: 10:55 (食分0.99)
食終了: 12:19



屋久島
欠け始め: 09:34
食最大: 10:56 (食分1.01)
食終了: 12:19

NPO法人『新月の木国際協会』のサイトに記載された記事・画像等を他のサイトや出版物などに許可なく転載することを禁じます。
since10052008 Copyright (C)2008 The Woods in Newmoon International Society All right reserved (NPO).
※ このページは文字サイズを<中>【表示→文字のサイズ→中】にしてご覧ください!