TOPページ 協会のこと 新着情報 new 新月の木とは 会員のページ 伐採計画 理事長室便り サイトマップ
●さつき(五月)の三日月、蛍が光る 増田正雄

蛍のやどは 川ばた柳 柳おぼろに 夕やみ寄せて・・・
作詞 井上 赳/作曲 下総皖一 の「螢」の歌詞。
この歌詞の中、三番に注目したい。

川原のおもは 五月のやみ夜 かなたこなたに 友よび集い
むれて蛍の 大まり小まり ほ ほ ほたるが 飛んで行く

五月のやみ夜・・・これは、まぎれもなく五月の新月のこと。
実は、数年前からこのことに着目し、蛍の生息を観察しているのですが、ことしもその時期・・・ところが、大変なことになったのです。

今月の新月は新暦5月24日で、旧暦で5月1日に当たります。そして来月の新月は新暦6月23日で同じ旧暦5月1日になります。新暦(太陽暦)の中で旧暦(太陰太陽暦)の月は早く進むので足並み合わせのスキップを一回入れるからです。

というわけで、困ったことになりました。
それは、「さつき(五月)の三日月、蛍が光る」という五月はどちらの五月か分からなくなってしまったからです。

ゲンジは皐月(さつき)、ヘイケは水無月(みなづき)と住み分けてきたこの季節、過去2年二回的中した蛍見日が予想できなくなったのです。

第二さつきのころゲンペイ乱れ飛ぶ源平合戦にでもなるのだろうか。いそがしいいそがしい。




---------------------------


作詞 井上 赳/作曲 下総皖一
---------------------------
蛍のやどは 川ばた柳 
柳おぼろに 夕やみ寄せて
川のめだかが 夢見る頃は
ほ ほ ほたるが 灯をともす

川風そよぐ 柳もそよぐ 
そよぐ柳に 蛍がゆれて
山の三日月 かくれる頃は 
ほ ほ ほたるが 飛んで出る

川原のおもは 五月のやみ夜
かなたこなたに 友よび集い
むれて蛍の 大まり小まり
ほ ほ ほたるが 飛んで行く

---------------------------

NPO法人『新月の木国際協会』のサイトに記載された記事・画像等を他のサイトや出版物などに許可なく転載することを禁じます。
since10052008 Copyright (C)2008 The Woods in Newmoon International Society All right reserved (NPO).
※ このページは文字サイズを<中>【表示→文字のサイズ→中】にしてご覧ください!