※ このページは文字サイズを<中>【表示→文字のサイズ→中】にしてご覧ください!
TOPページ 協会のこと 新着情報 new 新月の木とは 会員のページ 伐採計画 理事室便り サイトマップ
NPO法人『新月の木国際協会』のサイトに記載された記事・画像等を他のサイトや出版物などに許可なく転載することを禁じます。
since10052008 Copyright (C)2008 The Woods in Newmoon International Society All right reserved (NPO).

------------------------ 設立趣意書 ------------------------

ま、私たちの文明社会は、自然のポテンシャル(具えている働き)を見失いかけています。そのような中で人々は目先の生活機能を高めようとして工夫し手をかけています。しかし、機能性を追えば追うほど人の内なるポテンシャルと自然のポテンシャルは、ともに低下していくのが実状ではないでしょうか。そこで私たちはまず、自然のポテンシャルを素直に見直すことによって、最も自然の理にかなった、永続的ないのちの流れを探りたいと考えました。

たちは、樹木の生理活動が太陽と月のリズムによって大きく変化するということを二人の先人の著書(古久保宇吉著「健康学雑録」、エルヴィン・トーマ著「木とつきあう智恵」)などから学びました。そしてこれらに習い、日本の樹木で実験研究を行って、木は現在の常識や想像をはるかに上回る高品位の性質を具備していることを確かめることができました。たちが得た木材のように、カビ・虫に侵されにくく、割れ、暴れ、狂いにくい実用性に富み、永年に亘り耐久性のある無垢材の入手が可能になれば、やがて地球環境への負荷の低減や、シックハウス被害の根絶など、森林、木材、建築産業が抱えている問題解決に向けて大きく寄与できることになります。

の太陽のリズムと月のリズムに合わせた伐採処理法を私たちは「新月伐採法」と呼んで、品位の高い木材を得る条件をさらに探るとともに、それを確実に普及していくための協力ネットワークを作っています。
                                         
たちが当面目指している新月伐採法の実践は、二つの大きな可能性を孕んでいます。一つは、森林の成長サイクルより長く使える木材(目標100年〜300年)が得られれば、美しくて生命力のある森林を育成するゆとりができる。第二は、その木や木材が醸し出す生命環境は、私たちと私たちの子孫の暮らしを潤すでしょう。そこでは健康に満ちた生活を築く森林経済の活性化が期待できます。

 ・・・・以上のような経過とヴィジョンの中から、私たちは新月の木国際協会を設立し公共性公益性の高いこの事業を特定非営利活動法人として、設立しました。

--------------------------------------------------------------------------------------------